必ず用意しておくべき防災用品をご紹介!

震災時のための防災グッズ

何かあったときに飛び出せるように~家の防災グッズ編~

基本的な防災グッズ

防災グッズは、市販されているものもありますが、非常に割高であるため、自身で地道に備える方が良いかと思われます。

防災用品は、第一に生命の危機に陥るリスクを低減するものから揃えます。
飲料水は一人当たり3リットルを目安として用意します。
非常食も同様に重要です。
火を通さず、長く保存できるものを用意しておくべきです。
医薬品は、常備薬、三角巾、包帯、ガーゼ、脱脂、ばんそうこう、はさみ、ピンセット、消毒薬、整腸剤など一通りを揃え入れておきましょう。
衣類も、寒さ対策に、重ね着ができるような衣類、防寒具、毛布などは最低限用意しましょう。
衛生面から、下着も多く用意しておきましょう。

その他にも、懐中電灯、携帯ラジオ、トラベル用の洗面道具などを用意しておくべきです。
また、緊急連絡をするためにも、携帯のバッテリーも備えておくと良いかもしれません。

努力義務、されどあると必ず役に立つモノ

防災グッズには、必須でないものの、長期化する避難所生活を見据えた、あると便利なモノも存在します。
ただし、前述の防災グッズを全部揃えるとなると、非常に大がかりとなるため、あくまで二次的なものとして紹介します。

ランプ、ランタン、ヘッドランプ等の灯り類は、手持ちの懐中電灯と比較すると心もとない気がしますが、そのやさしい灯りは、辺りを照らすだけでなく不安な気持ちを和らげるでしょう。
避難所は、ある程度の暖房設備が備えられており、寝るには十分である環境であるものの、それでもある程度寒さを感じるかと思われます。
カイロは、用意できるのであれば用意しておきましょう。
折り畳みポリタンクは、飲料水を一か所に貯めておける点に利点があり、回し飲みによる風邪等の経口感染を予防する点で重要です。
その他、様々なものを持って移動するために、キャリーケース、台車、かご付きの自転車、小型バイクはあると便利であると考えられます。


▲先頭へ戻る